塾が勉強と将来についての架け橋となる、そんなブログ

塾選びで迷ったとき、数多くの塾の中から”これ!”と決められるようなきっかけになればいいかと思っています

【塾・家庭教師】講師として「面白さ」は必要だろうか??

 


塾教育ランキング

 

こんにちは^^

 

塾や家庭教師の先生が面白い!と言われるのって、先生側としては非常に誉れ高いことです。やっぱり「あの先生、面白い!」って言われるの、うれしいですよ^^

 

じゃあ、面白くないといけないのか、ということについて書きます^^

 

 

面白さとは

結論は、・・・・・・・と、すぐに結論を出すには、まだ条件が足りません。

 

まず面白さとはなんでしょうか?

その塾の雰囲気はどうなんでしょう?

家庭教師として受け持っている生徒はどんな子でしょう?

普段は何を話しているのか?

講師としての経験は? など

 

いろいろありすぎるので何とも言えません^^;

 

でも、つまらない講師、よりは、面白い講師、のほうがいいに決まってます^^

 

 

講師は個人のスタイルが大事

いわゆる個人の強み、と言えばいいのでしょうか。無理をすると心にケガをします。

 

『僕の授業が淡々としている。でもA先生の授業は冗談を交えて笑いあり、とっても楽しそう・・・そうだ!僕も何か冗談を言えばいいのか。ちょっと嫌だけど、なんかやってみるか・・・』

 

サクッと、軽いノリで冗談なんかが言えるなら、それに越したことはないです。やっぱりノリは大切ですし、重苦しい雰囲気は息が詰まります。

 

だからと言って、それだけが正解かというと、それは違います。何事もメリハリです^^

 

まずは個人のスタイルを見極めましょう。

 

 

つまらない授業とは

講師がつまらないというのは、単調だということです。

 

f:id:maruhijukujoho:20170911165547j:plain

 

盛り上がりがないので、眠くなります。

 

小中学生はまだまだ子供です。しかも塾に来るのは学校の後なので、すでに疲れている状態です。

 

そんな中、ただじっとしているのはほぼ不可能。脳みそは疲れた体を癒すために、寝る指示を出し、寝てしまうのです。

 

なので、単調ではなく、メリハリをつけることが必要になります。

 

 

メリハリをつけましょう

正直に言います。単調な授業は寝ます^^;

 

生徒時代、寝てました^^;

講師時代、うとうとされました^^;

f:id:maruhijukujoho:20161002204842p:plain

 

私がバイト時代に苦しんだテーマです^^;

 

 

ギャグは手段

目的を意識しましょう!その授業でどうしたいのですか?面白いことを言うのは悪いことではないでしょう。しかし何のためにそれを言うのかをしっかりと意識しましょう。

 

笑ってほしい?

授業を聞いてほしい?

成績を上げたい?

 

目的を見失うと、被害を受けるのは生徒なので、注意が必要です。

 

 

私の解決策

私も単調でしたが、以下の方法で、メリハリを付けました。

 

それは、校舎にいる生徒全員に話しかける、です。とにかく何か一言話す、まずはそれを徹底したのです。

※私は集団形式の塾です

 

これは私にとっての革命でしたね^^

なんせ、休み時間をどう使うかをしっかりと考えないとできませんから^^

 

休み時間中にすべき作業は何か、話しやすい生徒に時間を取りすぎない、内気な子にどう接するか。など、頭をフル回転させます。

 

すると、授業も次第に生き生きしてくるんですよね^^

 

 

当時はだれもやっていなかったこと

一言も話さないで帰る生徒、こんな子がちらほらいたんですよね。今考えるととんでもないです。

 

しかも私はそれを知ってて、知らんふり。よくないですね^^;

 

塾は、生徒を新規で募らないといけないので、定期的に友達を紹介するように促します。そんなときだけ話しかけても「またかよ・・・」ってなるのは当たりまえです。

 

 

自分が変わる

なんだか脱線していますが、ちゃんと戻します^^;

 

講師として「面白い」とは、本当にいろんな意味がありますが、メリハリのある講師は面白いです。

 

そして、今自分がメリハリがないな・・・と感じているなら、まず自分ができる範囲で自分を変えることを意識しましょう。無理してギャグを言わなくても、十分面白い講師はたくさんいらっしゃいます。

 

ポイントは「誰もやっていないこと」です。「今までやったことないこと」でも大丈夫です^^

 

些細なことでも十分な効果が期待できるのではないでしょうか^^

 

 

まとめ

面白い講師の方はそのまま突き詰めてみてください。ですが、何かしっくりこないと思っている方は、ほんの少しでいいので、誰もやっていないことをやってみて自分を変えてみましょう^^

 

そのちょっとした変化が、あなたの面白さになるかもしれません^^

 

 

 

ここまでご覧いただきありがとうございます。