塾が勉強と将来についての架け橋となる、そんなブログ

塾選びで迷ったとき、数多くの塾の中から”これ!”と決められるようなきっかけになればいいかと思っています

【塾】講師は生徒と仲間と自分をライバルとしましょう!!【家庭教師】

 

 

こんにちは^^

 

だんだんと暖かくなる季節ですが、

油断は禁物です^^

 

 

 

さて、

前回ライバルの大切さを書きました。

 ⇒前回の記事

 

ライバルがいることで相乗効果が生まれ

普段以上のパフォーマンスが

発揮されます^^

 

今回は講師としてのライバルを書きます^^

 

 

講師も競争する

生徒同士で、塾同士で競い合います。

それなら講師同士でもありますよね^^

 

例え科目がちがっても、

あの先生が

100点を〇〇人排出した!!

だったら自分もそれ以上出してあげるぞ!!

 

こんな気持ちになっても

いいかと思います^^

 

 

生徒は自身の鏡?

生徒もライバルになります^^

 

指導をしていくうえで、

生徒に

「〇〇をする」

と約束をしたとします。

 

その期待を

裏切らないようにするのが

大切です^^

 

当然ですよね^^!!

 

しかし、

そういった約束事などは、

普段よりも少しだけ手間を

加えたりする作業が多いです。

 

場合によっては、

『まあ、やらなくてもいいか・・・』

と言いたくなりますが、

 

ここの瞬間がポイントです!!

 

生徒との約束を

守り続けることができる

そういった約束にしましょう^^

 

そして、守り続けましょう!!

 

 

 

講師のちょっとした工夫は、

生徒の中でポイントみたいに

少しずつたまっていきます。

 

そのポイントは、

講師への憧れや期待、態度など

となって還元されていきます。

 

そのため、

生徒も大変ながらも

こちらの言うことを

聴いてくれます!

 

生徒が頑張っているんだから

私もしっかりしなくては!!

 

と、自身を

励ましてくれるようになります^^

 

まさに、

ライバルのような存在です^^

 

 

自分に負けるな!

これはどんなことでもいえますね^^

周りの講師や生徒を見て、

 

『よ~~し!!やるぞ~!!』

 

となっても、

最終的に自分が行動しなければ

何も起こりません。

 

最後はやはり、自分自身に

打ち勝たなければいけないのです。

 

 

つらい時の注意

何か作業をしていく中で、

体調の管理は絶対に必要です。

 

体調的がすぐれない場合は、

まずは体調を万全にすることを

心がけましょう!

 

そうでない精神的苦痛、

と言えばいいのでしょうか?

 

とにかくつらい!!

そう思うときが出てきます。

 

そんなときに、

悪口は言わない

これを肝に銘じておきましょう

 

悪口は言わないのが

当たり前なのですが、

どうしても出てしまうときがあります。

 

それを言わない努力をしましょう。

 

これについては

ここでは理由などを

割愛させていただきますが、

その積み重ねは後々、

必ず大きく役に立ちます。

 

 

まとめ

講師のライバルを書きました^^

生徒も自分のライバルになるんだ!

 

というのを意識してみてください。

また違った指導が

出てくるかもしれません。

 

いろんな人と切磋琢磨して

ガンガンレベルを上げていきましょう!!

 

 

 

ここまでご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

広告を非表示にする