読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塾が勉強と将来についての架け橋となる、そんなブログ

塾選びで迷ったとき、数多くの塾の中から”これ!”と決められるようなきっかけになればいいかと思っています

【塾】塾運営はライバルの活用が必須!?相乗効果がもたらす画期的な指導方法とは!?【家庭教師】

塾長編 講師編

 

 

こんにちは^^

 

春は出会いと別れ

なんてことを言います^^

 

新学期に向けた

準備は済んでいますか?

 

ということで、

今回は「ライバル」

うまく活用することを

講師生徒に分けてお伝えします^^

※今回は塾です 

 

 

ライバルとは

競争相手のことですね^^

 

人間はだれかと競うことで

一人で作業をするよりも

大きな成果を発揮することができます。

f:id:maruhijukujoho:20170303174056j:plain

 

あいつには負けたくない!!

絶対追い抜いてやる!!

君には負けないぞ!!

 

こんなイメージです^^

 

この競争相手を

塾でも活用するのです。

 

 

塾のライバルとは

同じ会社の違う校舎でも、

違う会社の校舎でも、

 

自分が管理している校舎

以外を指します。

f:id:maruhijukujoho:20170303174253g:plain

 

彼らの存在が、

塾を運営するうえで

重要になってきます。

 

 

注意点①

講師や生徒でもそうですが、

ライバルを決めるときの

注意点があります。

 

それは、

ライバルは自分を成長させる存在

ということを念頭に置くこと

です。

 

どういうことかと言いますと、

 

ライバルとは、

「競争相手」

でしたよね^^

 

 

 

短距離走でもマラソンでも構いません。

想像してください。

 

自分が走っていて、

後ろから誰かが来た!!

 

このままでは抜かれるっ・・・

でも、抜かれるのは絶対イヤ!!

 

こんな状況はどうでしょう^^???

 

 

 

または、

 

あと少しで前のヤツを追い越せる。

でもそいつも気が付いてペースを上げた

 

こいつを抜けば優勝できる!!

 

 

 

いかがですか???

私の表現のスキル上、

このイメージが伝わったかどうかは

わかりませんが^^;

 

普段の自分や、

今よりももっと頑張ろう!

といった、

原動力になれないと意味がありません。

 

自分との差がありすぎて、

そんなにモチベーションが

上がらない場合は

一度見直した方がいいと思います。

 

 

注意点②

とはいえ、校舎どおしで、

どこをライバルにするかは

その本人次第です。

 

なので、その会社の

資本金、生徒数、実績、

継続年数などが違いすぎるから

といって、

 

最初から負けムードを出したら、

それはもったいないです^^

 

大手だから絶対か??

そうではありません。

 

逆も同じです。

地域密着だから安心か??

 

相手を見下さずうぬぼれず

ライバルを意識して運営しましょう!!

f:id:maruhijukujoho:20170303174627p:plain

 

 

相乗効果がもたらすもの

ライバルがいると、

相手の動向が気になります。

 

生徒募集、定期テスト対策

指導方法、カリキュラム、

テキスト、講習、授業、

宿題、生徒数、対応学校数・・・

 

こういったものを意識して、

『自分たちも負けられない!!』

『じゃあ、〇〇はこうしよう!!』

 

といった

いろんな経営戦略を練るはずです^^

 

うちは、〇月〇〇日に

対策をはじめるが、

隣のあそこは

〇〇日にはじめるのか・・・

うちは、

これで本当にいいのか、

もう一度確認をしよう!!

 

こういった、自分たちの指導を、

再度見直したりするなど、

意識を普段よりも

高い水準に持って行けます^^

 

ポイントは、先にも書きましたが、

相手を見下さないことうぬぼれないこと

です!!

 

 

まとめ

ライバルがいることは

自分にとっていい刺激になります。

 

そのポイントは、何度も言いますが、

見下さないうぬぼれない

です!

 

こういった心の持ち方ひとつで、

普段の行動が、

ひと回り高くなっていくかと思います。

 

・・・あっ、もちろん

ライバルの悪口などは厳禁ですよ^^!!

 

 

 

ここまでご覧いただきありがとうございます。