塾が勉強と将来についての架け橋となる、そんなブログ

塾選びで迷ったとき、数多くの塾の中から”これ!”と決められるようなきっかけになればいいかと思っています

【塾】質と量の関係とは??量から生まれる質について【家庭教師】

 


塾教育 ブログランキングへ

 

こんにちは^^

 

前回、

努力について少しお話しました。

 ⇒前回の内容

 

それをもう少しだけ

進めてみたいと思います^^

 

 

質と量

「質より量だ!」

ということを聞いたり、

 

「いやいや、量より質だ!」

なんて言ったりもされたり

 

これ?どっち???

 

 

 

なんて、

中学時代に思ったりしました^^;

 

まあ、私なりの結論は

どっちも!!

です^^

 

 

 

質がない、ただただ量をこなしても

何も積み重ならないですよね

 

ティッシュペーパーを

何枚も重ねたところで

たかが知れています^^

 

そのティッシュを、

ほんの少しだけでも、

 

段ボールくらいにしてみるだけで

だいぶ結果は変わりますね^^

 

 

 

また、

どんなにいい質をこなしても

量がないならすぐ忘れます。

 

「あ~~!!!この授業、

本当にわかりやすかった!!

今まで全然知らなかったことが

満載だったなぁ!!」

 

こんな質の高い授業を受けても、

そのあと何もしなければ、

そのままですよね^^;

 

 

高い質は多くの量から

では、実際どうしたいのか。

 

誰でも、

高い質で多くの量を

こなしたいはずです。

 

まあ、量は

こなせばいいので

すごくシンプルなのですが、

 

質については、

なかなかそうはいきません。

 

いろんな手段があるので、

一概にこうだ!!

とは言えませんが、

 

一つ、

今回の内容にそって言えば、

 

高い質は多くの量から生まれる

 

です^^

 

 

 

たくさんこなして体が慣れるから、

「もっとこうしたらいいのか?」

 

などと感じ、

次を改善して取組みます。

 

その繰り返しで、

どんどん質が良くなります。

 

 

失敗とは成功とは

これは、

そういった高い質を求めて

量をこなしたときに、

 

思う結果か

そうでないかの違いです^^

 

失敗は、思ったことと違った。

成功は、思った通り

 

では、失敗しないように!?

というかもしれません。

 

いいと思います^^

失敗するよりは成功の方がいいです。

 

ですが、失敗を

そのまま「失敗だ」と

足を止める場合が数多いので、

注意してください。

 

失敗は、

その途中で何らかの原因が

あったことを教えてくれているのです。

 

スタートしてから、ゴールまで

何か結果が出るまでのプロセスで

おかしなところがあったから

予想と違う結果になるのです。

 

なら、

失敗したとき、

その原因を突き止めて、

改善すれば、

 

次はきっと、

思った結果が出るはずです。

 

 

思った通りの結果になる

失敗して

「ああ、もうだめだ~~・・・」

と思えば、

ダメになります

 

失敗して

「ん?どこがおかしいんだ?」

改善する意思があれば

改善されます

 

成功しても

「よっしゃ、これでもう終わり♪」

と思えば、

その場で終了です^^

 

「よし、上手くいった。よし次!!」

と思えば次もその調子で取り組むのです^^

 

 

まとめ

努力していい結果を出すには、

まずはしっかりと確認しましょう。

 

いろんなものを確認します。

 

それでよしなら、

量をこなしましょう。

 

そしてどんどん改善していきます。

 

そうして高まった質と量で、

結果を出していきます。

 

そして思った通りの

結果になります。

 

考え方、質、量、

 

どれも重要なので、

ぜひこの機会に改善して

取り組んでみてください^^

 

 

ここまでご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

広告を非表示にする