読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塾が勉強と将来についての架け橋となる、そんなブログ

塾選びで迷ったとき、数多くの塾の中から”これ!”と決められるようなきっかけになればいいかと思っています

【塾】解説がわからないとき、伝わらないときにすることとは【家庭教師】

 


塾教育 ブログランキングへ

 

こんにちは^^

 

解説を聞いていても、

なかなかわからないとき

ありませんか???

 

何度解説を見ても

「???」

 

同じく、講師として

何度説明しても

相手が「???」

 

こんなときどうすればいいか。

それを私なりに書こうかと思います。

 

 

わからないのレベル

講師としても

生徒としても同じです。

 

前回の内容で、

しっかりと不安を確認をする。

と書きました。

 

ここで、

「わからない」のレベルが

単純に知識不足なら

まずは知識を入れましょう^^

 

これも不安の確認の一種です。

 

それで、

「わからない」が解消されたら

問題ありませんね^^

 

 

 

講師は、

なぜわかっていないのか

を見つけます。

 

使っている言葉などは知っている。

でも、

なんでこうなるのかわからない

 

それを解消させます。

 

 

方法1:何度も聞く(言う)

まずは一番使われる手法ですね^^

f:id:maruhijukujoho:20170217213156j:plain

 

何度も言う、もしくは

何度も聞く

 

このときの「何度も聞く」とは

ほぼ100%の確率で

同じ質問を何度もしてきます

 

 

 

一生懸命理解しようと

何度も質問をしていると

そこで何かを掴んで

わかるときがあります。

 

しかし、

そうでないときがありますよね^^;

 

そんなときが次の方法です

 

 

方法2:言い方を変える

説明する方も、聞く方も同じです。

言い方を変えましょう。

 

違う言い方をすると、

面白いほどあっさり理解したりします。

 

ああ~、それってそういうことか!!

 

こんなイメージです^^

 

ある参考書での解説は

「???」

 

でも、別の参考書では

「・・・おっ!?」

 

となりませんか?

 

 

 

また、とある先生の授業では

『わかんね~』

 

でも、別の先生では

『うおっ!?そういうことか!!』

 

こんな状態のときです。

f:id:maruhijukujoho:20170217213413p:plain 

 

これはなぜかというと、

ものすごく単純なことで

2回目の解説だから

です。

 

参考書の解説がすばらしい

かもしれません。

 

先生の説明が神がかっていた

かもしれません。

 

しかし、一番の効果は

2回目ということ

これです!!

 

 

情報も消化、吸収する

何かものを食べて、

それを消化して吸収する。

 

そのときに、

一気に大きいものを丸のみしても

なかなか消化出来ず、

ろくに吸収されません。

f:id:maruhijukujoho:20170217213624p:plain

 

だから、よく噛んで食べましょう。

というのです^^

 

 

 

情報も同じです^^

何か情報を得たとき、

それを自分の中に入れます。

 

そのとき、

「わからない」という状態

というのは、

 

まだ理解している最中

とも言えます。

 

先ほど、

知識不足の場合もある

といいましたが、

 

それも同じです^^

 

 

 

なにかを聞いたりするから

「わからない」という表現が出ます。

 

それは、吸収しようとする

意志があるから出る状態なのです。

 

 

 

あとは、どう吸収させるか

それを考えればいいのです。

 

 

具体的には??

別の言い方、聞き方をすればいい

と言いましたが、

 

それだけでサクッとできれば

苦労なんてしませんね^^;

 

なので、

一つだけとっておきを^^

 

これは、

生徒が質問するときも

先生が解説するときも使えます!!

 

「ごめん(なさい)、

言い方が悪かった(です)」

 

この気持ちを持つことです。

※実際に言ってもOKです。

その際は言葉遣いに気を付けましょう

 

これだけで、

今までとは大きく変わってくると思います。

 

 

 

ぜひ、やってみてください^^

 

 

まとめ

今回、わからないとき

伝わらないときのことを書きました。

 

これは、

何も勉強のときだけに

限った話ではありません。

 

仕事で上司が部下に

何かを教えるときにも使えます。

f:id:maruhijukujoho:20170217213912p:plain

 

友達同士での会話で

上手く伝わらず、

 

なにか変な空気が出たとき

にも使えます^^

 

必要なことは、

質問することの先にあります。

解説のその先です。

 

わかったからどうするのか。

伝えたからどうしてもらうのか。

 

その目的を果たすための手段なので

手段と目的を

入れ違えないようにしましょう^^

 

 

 

ここまでご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

広告を非表示にする