読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塾が勉強と将来についての架け橋となる、そんなブログ

塾選びで迷ったとき、数多くの塾の中から”これ!”と決められるようなきっかけになればいいかと思っています

【塾】わからないものやわからないことは〇〇すると一瞬でわかることがある【家庭教師】

 


塾教育 ブログランキングへ

 

こんにちは^^

 

習うときでも、教えるときでも、

1回では理解できなかったり、

理解してもらえなかったり、

 

といったことがあります。

 

そんなときオススメの方法です^^

 

普段の説得などにも

有効だと思っています^^

 

講師の方や生徒の方以外にも、

保護者の方にも

参考になれればと思います。

 

 

理解のレベル

f:id:maruhijukujoho:20170209020730p:plain

以前に少し書きましたが、

理解のレベルには大きく3つ

 →以前の記事

 

わかるできる教える

 

こんな感じです。

※これは私の感覚です^^;

 

わからないと、出来ません。

出来ないと教えられません。

 

そんな感じですね^^

 

 

わかるとは?

習ったものがわかる、とは

どんな感じのものか。

 

教える立場で言えば、

わかってもらえたとき、ですね。

 

まあ、わかる、とは

そのままズバリですが、

 

言っていることがわかったときです。

 

 

 

知らないものわからなかったものが、

わかるに変わったとき

 

あっ、わかった!!!

 

といった反応が出ます^^

 

 

 

ものすごく感覚的な表現で申し訳ないですが、

なんか、パッ

明るくなったような感じがします^^

f:id:maruhijukujoho:20170209021303j:plain

 

1回でわからないとき

1回でわからないときはあります。

そんなときは同じことを繰り返しすることで

定着をさせます。

 

暗記などがいい例ですね^^

 

 

 

なので、一つ目の手段です。

わからないときは繰り返す

 

 

もちろん、

繰り返すときもいろんな方法があります。

何度も書く、聞く、見るなど

 

いろいろ試してみてください^^

 

方法が大切なのではなく、

わかることが大切なのです。

 

 

くり返す以外の方法

何度繰り返しても

一向にわからない・・・

全然わからない・・・

 

『またその説明か・・・』

『聞きあきたよ、その説明 (T_T)』

 

行き詰るとこうなります^^;

 

 

 

こうなると、

その方法では先に進みづらくなっている状態です。

 

なので、方法を変えましょう^^

 

 

 

2つ目の手段は、

別の言い方を試す

f:id:maruhijukujoho:20170209022258j:plain

 

これ、意外とやる人少ないです^^

 

勉強していて、

あることがわからなかった。

とりあえず、そのことを確認して

別の問題に取り組んでいると、

何かのきっかけで、

さっきのわからないことが

わかるようになった。

 

こんなパターンを

経験されたことありますか^^?

 

これが、まさにそれです。

 

別の言い方をしたために

理解できたのです。

 

「ああ~、それってそういうことか~!!」

 

この感覚ですね^^

 

 

生徒も先生も親もお得

教える側に、

ものすごい効果的です。

別の表現をするだけでいいのです^^

 

わからない、と言われたときに、

「それじゃあ・・・」

別の表現をしてみましょう。

 

自分の理解も深まりますし、

相手が理解もしてくれます。

 

まさに一石二鳥なのです!

 

 

自分と同じ???

多くは、

大人が子供に教えます。

 

そのとき、

自分がわかることは

相手もわかるものだ、

と思ってしまいがちです。

 

もちろん、

そういうものも多々あります。

 

しかし、

わかるまでの方法や過程まで

同じなのでしょうか

 

わかりやすく言えば、

「school=学校」

という英単語を覚えるのに、

 

地球上の全ての人間が、

紙に10回書けば

確実おぼえられるのでしょうか

 

ということです^^;

 

 

 

人によっては、

「そんなの書かなくてもいけるよ~」

「10回じゃなくて3回くらいで・・・」

「え・・・?10回じゃちょっと・・・」

 

 

 

もうこの時点で

別の手段になっていますね^^

 

 

 

そうなんです^^

人それぞれなのです。

 

だからこそ、

わからないなら、

何度も繰り返し

別の手段をわかるまで

試せばいいのです。

 

 

まとめ

わかるようにするための方法を

2つ紹介しました。

 

1:繰り返す

2:別の方法を試す

 

単純ですが、効果的です^^

 

毎回同じ説得で生徒がマンネリしている。

そんなときこそ、2の手段です!!

 

同じことを別の言い方に

してみましょう^^

 

生徒の目つきが変わるかもしれません^^

 ⇒講師として説得してみたい方はこちら

 

 

 

ここまでご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

広告を非表示にする