塾が勉強と将来についての架け橋となる、そんなブログ

塾選びで迷ったとき、数多くの塾の中から”これ!”と決められるようなきっかけになればいいかと思っています

わからないことがわからないときの対処法【生徒編】

 


塾教育 ブログランキングへ

 

こんにちは^^

 

塾や家庭教師で指導してると、

生徒からよく

「わからないことがわからない」

と質問をうけることがありますね^^

 

これ、

実はものすごいヒントなんです!!

 

今回は、

生徒としてこの質問をした場合、

どうしたらいいのかを

私なりにお伝えしたいと思います^^

 

 

わからないことがわからない??

f:id:maruhijukujoho:20161213171429j:plain

勉強をしないといけない・・・

でも、

どこがわからないかが、わかりません。

 

こんな状況ですが、

 

 

 

まずは、

おめでとうございます!

と言いましょう^^

 

どういうことか、というと、

わからない

と、しっかりと言えたからです。

 

後でも書きますが、

わからないことがわからない人は、

 

基本的に、

何をしたらいいかわからないから

そう言います。

 

つまり、止まった状態です。

 

f:id:maruhijukujoho:20170131003141j:plain

 

止まったところから動いたので

文字通り、

一歩踏み出したのです。

 

 

わからないからどうするか?

わからない、と言えたなら

次はどうするか?

f:id:maruhijukujoho:20170131004202p:plain

先生や講師の指示を

待つだけではいけません^^

 

もちろん、講師は

そういった質問をされたので、

何かしらの回答が来るはずです。

 

 

 

その回答がどうあれ、

あなたのすることはただ一つです。

 

それを実際に取り組みましょう^^

 

 

 

場合分けします。

①講師の回答がわかった

良かったです^^

まずは、それを取り組みましょう!

 

できる、できないは二の次です。

 まずは、取り組むことです^^

 

②講師の回答ではいまいちわからなかった

大丈夫です^^

もう少し具体的な情報が欲しいだけです^^

 

その場合は、

落ち着いてもう一度聞きましょう!

慌てる必要はありませんよ^^

 

どこがわからなかったのかを

ゆっくり話せばいいのです^^

 

③申し訳ありません、さっぱりわかりません>_<

このときも、②と同じで

もう一度聞けばいいのです^^

 

しかし、

それでもわからない場合がありますが、

落ち込まないでください^^;

 

わからないなら、

わかるまで行動することが大切です。

 

その場合は、

宿題などの問題を、

一度取り組みます。

 

おそらく、解けません^^;

そうしたら、質問に行きます。

 

このときがポイントで、

どうやって取り組んだのか

伝えましょう!!

 

計算過程などがあれば

もちろんそれがいいですが、

そんな過程すらない場合もあります。

 

それなら、その問題がどこの単元か。

 教科書のどこに書いてあるのか。

 ノートのどこに書いてあるのか。

 どのプリントをみればいいのか。

 

こちらから具体的に質問しましょう^^

 

「先生、この問題ですが、

教科書のここに、

同じような問題がありますが

 

どうやってこの問題に

取組んだらいいのかが

全然わかりません。」

 

ここまで言えば、

講師の方は、具体的な方法を

教えてくれるはずです^^

 

 

当たり前だと思わないこと

生徒が質問すれば、先生は教えてくれる。

それはそうですが、

当然、限度があります。

 

f:id:maruhijukujoho:20170131004532p:plain

 

普段から、宿題もしない。

遅刻するにも連絡しない。

 

そんな感じでいたら、

いくら質問しても講師は教えてくれません。

 

先生と生徒の前に、

人と人です。

 

そして、

年上年下です。

 

当たり前の節度は持ちましょう。

 

 

 

もし今まで、

信用を失うようなことをしていたなら、

 

今、

この瞬間から心を入れ替えて

真剣に取り組みましょう。

 

まずは、

宿題を期限に提出する。

遅刻はしない。

 

こういった当たり前のことを

地道にこなして、

信用を積み上げてください。

 

これは、講師の方も同じです^^;

 

 

わからないことがわからないとは

結局のところ、これは

何をしていいのかわからない

ということです。

 

 

 

なので、なんでもいいから

まずは動きましょう^^

質問でもかまいません。

 

まずは思い切って質問をしてみましょう。

動けば世界は変わるはずです^^

 

 

ここまでご覧いただきありがとうございます。