塾が勉強と将来についての架け橋となる、そんなブログ

塾選びで迷ったとき、数多くの塾の中から”これ!”と決められるようなきっかけになればいいかと思っています

塾の先生が伝える、中学生にとっての学校の関係とは!?

  


塾教育 ブログランキングへ

 

こんにちは^^

 

塾で授業をしていると、

生徒が学校の行事をすこし重荷に

感じるときがあります。

 

今回は、塾の先生として

学校の立ち位置をどう説得するか

それを書きます^^

 

ただ邪魔者扱いをするのではなく

大切な役割があるのだ!

ということを伝えましょう^^

 

 

学校は???

中学生までは、

学校に通わないといけません。

 

そして、

行けば当然宿題が出ます。

 

 

 

このときの注意として、

決して学校のことを

悪く言ってはいけません^^;

f:id:maruhijukujoho:20170129231747j:plain

 

例えば、

学校の宿題が多くて生徒が集中しない!

 

そういった理由でも

学校の悪口を言うのはやめましょう^^;

※していない場合はお許しください

 

 

相手の悪口はNG

こう書くと、

当たり前じゃないか!

と思うのですが、

 

ちょっとしたことでも、言う度に

その人の信用がなくなっていきます^^;

 

ちょっとした言葉遊びとして

皮肉を少しくらいなら

いいかもしれませんが、

 

他人を悪く言うと、

その分、その人の信用が無くなります

f:id:maruhijukujoho:20170129232016j:plain

 

 

これは、心理的にそうです。

 

普段から悪口を言う人は、

影でもそういうことを言っているんだ

と思われます。

 

 

 

すると、

自分のことはどうなのだろう?

不安を感じるのです。

 

 

中学生は多感な時期

生徒は、学校や部活、その他イベントで

やることが満載です^^

 

その分、

不安を抱えることも多いので、

 

ちょっとしたことが原因で、

不信感を抱き、それが退塾

つながります。

 

そうなっては、

せっかく授業で説得しても水の泡・・・

もう、目も当てられませんね^^;

f:id:maruhijukujoho:20170130000326p:plain

 

 

学校も味方につける

では、どうするか?

 

いくら学校が味方とわかっていても

実際に負担があるのは事実

 

授業も学校に負けないように工夫している

となると、

 

どうしても、塾側としては

目の上のタンコブのようなもの・・・

 

 

 

そこで、

こんなことを言ってみてはいかがでしょうか^^

 

「学校は味方です!」

 

これをあえて、

口に出して伝えましょう^^

 

口に出して説明してあげるのです^^

f:id:maruhijukujoho:20170130000629j:plain

 

 

 

学校というものは

変えられない存在です。

 

そこで起こることも、

ある程度は変えられますが、

 

行事内容や、その他時間割などは

変えられません

 

この変えられないものを

どうにかしようとしても、

残念ながらどうにもできない・・・

 

どうにもできないことに対して

マイナスのイメージをもって過ごすなら

 

いっそのこと、そのことを受け入れて

プラスのイメージにしましょう^^

 

 

考え方が変えれば大きく変わる

もし、時間が足りない!

と感じるなら、どうするか?

 

部活が大変で体力がない・・・

それならどうするか?

 

そういったことに対して

解決していくスタイル

生徒に信用を与えていきます

 

そして、ちょっとしたことでも

こういった信用を重ねていく

生徒募集の際にも役に立ちます^^

 

 

まとめ

学校をうまく味方につけましょう^^

結局考え方次第なのですが、

 

ものごとをプラスに捉えるための

練習だと思って生徒に伝えてみてください^^

 

上手くいけば、きっと役にたつと思います。

 

 

 

ここまでご覧いただきありがとうございます。