塾が勉強と将来についての架け橋となる、そんなブログ

塾選びで迷ったとき、数多くの塾の中から”これ!”と決められるようなきっかけになればいいかと思っています

大学受験は高校受験とは一味も二味も違うのです!!

こんにちは^^

 

前回は、新年度からの準備をしよう(講師編)

ということでしたが、

 

新年度の準備は生徒も同じです^^

 

 

 

特に「新高校1年生

 

 

 

ということで、今回は、

新高校1年生の塾事情などを書きます^^

 

 

大学受験科

大学受験科というと大げさですが、

大学受験を目指すための場所

というところです。

f:id:maruhijukujoho:20170126172530p:plain 

 

高校受験の塾では、自分の生徒を

そのまま大学受験科へ入塾させるために

今から必死で準備しているはずです。

 

 

 

しかし、これは、

決して悪いことではありません^^

 

少し、塾側の生々しい事情を話すと、

大学受験科は、高校受験のときとは

比較にならないほど、費用が掛かります。

 

その分、手間は相当かかりますが、

見返りも十二分にあります。

 

 

 

塾を運営するためにも、

そして、自分が手塩にかけた生徒を

また面倒見れるということでも、

 

どちらの面からも、塾側としては、

自分が運営している大学受験対策を

受講してもらいたいものなのです。

 

 

塾と予備校

高校受験ではありませんでしたが、

大学受験だと予備校という言葉が出ます。

f:id:maruhijukujoho:20170126173457p:plain

塾と予備校は

今ではあまり違いはないように見えますが、

 

やはり大きく違います

 

試しに

「塾 予備校 違い」

と検索してみてください^^

 

 

 

私から簡単に言わせていただくと、

 塾は学校対策

 予備校は受験対策

 

講師の質、環境などいろんな意見がありますが、

 私は、このように思っています。

 

 

高校の授業と大学受験

高校でも、

中学と同じように教科書を使って勉強します。

 

実はその教科書ですが、

さまざまなレベルが存在します。

 

難しい教科書簡単な教科書、です

 

 

 

わかりやすく段階で分けると、

教科書だけで、

7段階くらいのレベルに分かれる

といわれています。

 

当然、扱う内容にも差が出るでしょう。

f:id:maruhijukujoho:20170126173830j:plain 

 

そのため、

学校の授業だけで十分だ!

と、大学受験をろくに対策せずに

臨むと大体が、失敗に終わります。

 

それは、単純にレベル不足。

もっと言えば、情報不足。

 

 

 

しっかりと、対策が必要です。

 

 

まずはしっかりと確認する

高校受験でお世話になった。

 

だから、

 

大学受験もここにする。

 

 

 

こういった安易な気持ちで

選ばないようにしましょう。

 

先にも書きましたが、

大学受験にかかる費用は相当です。

 

やはり、納得のいく吟味の末に

選ぶのがいいかと思います。

 

 

 

これは、

今いる塾にお世話になることが悪い

というわけではありません。

 

 

 

しかし、

やはり大学受験は高校受験とは違います。

 

 

 

環境、設備、講師の質、サポート、実績

など、さまざまな要素を吟味しましょう。

 

当然、予備校だからココ!

と決めるのも

なかなかリスキーです^^;

 

 

まとめ

今回は、2点です。

 ・高校の教科書にはレベルがある

 ・塾と予備校は違う

 

これをお伝えしたかったのです^^;

 

 

 

大学受験は、一度では書ききれないほど

ボリュームがありますが、

どれも大切なので、次回も書いていきます^^

 

 

 

ここまでご覧いただきありがとうございます。

 

 


塾教育 ブログランキングへ

 

 

 

広告を非表示にする