読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塾が勉強と将来についての架け橋となる、そんなブログ

塾選びで迷ったとき、数多くの塾の中から”これ!”と決められるようなきっかけになればいいかと思っています

生徒フォローができる塾は素晴らしい!!

こんにちは。

新年あけて初の記事です^^

 

今年もよろしくお願いします。

 

さて、今回の内容は、

初心に帰る意味で、

 

今後の塾を選ぶ参考にと思いまして、

フォローについて書きます^^

 

 

フォローの重要性

おそらく、口ではわかっているコレ。

究めることが塾の目標だと思います^^

 

フォローそのものの意味は

「助けること、支援すること」

こんな意味です。

 

生徒のケア、保護者への報告や相談などですね^^

 

 

フォローはいろいろ

生徒に対して話をする。

これはフォローです。

 

生徒が成績が悪かったから

次に向けて励ます。

 

これもそうです。

 

保護者に電話して近況報告、

これもそう。

 

 

 

では、他には???

 

 

 

実は、フォローに正解はありません

 

「うちは〇〇をしている」

「うちはこうしている」

 

こういった意見は参考になります。

しかし、

 

あくまで参考程度です。

 

生徒や保護者は人です。

そして、講師も人です。

 

つまり、「十人十色」

 

生徒が20人いれば、

20通りのフォローが存在します^^

 

 

生徒が塾に合わせるフォローを

先にも書きましたが、

その人それぞれでフォローは変わってきます。

 

バッチリその人に合わせていると

キリがありません。

 

では、どうするか?

 

 

 

それは、

塾が生徒に合わせる、ではなく

生徒が塾に合わせる

 

 

 

をさせましょう。

 

 

 

これは、

支配する、といった乱暴なことではありません

 

 

塾の目標が生徒のフォロー

塾はいろいろあります。

 

直営型、個人塾、フランチャイズ

自習型、集団形式、個別形式など。

 

それぞれが、

それぞれの良さと悪さを持っています。

 

 

 

しかし、どんな塾でも、どんなところでも、

誰が運営しても、何をしても共通すること

 

実はあるのです。

 

 

 

それは、

「塾の運営方針」があること

です。

 

 

 

どこの塾でも、なんでも、

塾長がその教室を運営します。

 

例え直営型の塾であってもです。

 

 

塾は人が創る

塾長の運営方針がその塾を決定します。

 

営業中心の方針なら、

新規の生徒獲得に力を入れるでしょう。

 

成績アップ中心なら、

授業力に力を入れるでしょう。

 

もちろん、それ以外もありますね^^

 

 

 

そういった目標に向けてどうするか?

それを考えましょう!

 

 

まとめ

塾を選ぶときのポイントの一つは、

やはりフォローです。

 

どのようにフォローするかを確認するには、

 

塾長に

運営方針を聞けばいいのです^^

 

「どんな塾を目指していますか?」

 

 

 

その回答をもとに

気になることを質問していけば、

 

その後、ご縁になるかは別として、

お互いに納得のいくものに

なるのではないかと思います^^

 

 

 


塾教育 ブログランキングへ

 

 

 

 

広告を非表示にする