塾が勉強と将来についての架け橋となる、そんなブログ

塾選びで迷ったとき、数多くの塾の中から”これ!”と決められるようなきっかけになればいいかと思っています

「時間がない」と部活を言い訳にしない予習方法、授業が待ち遠しくて勉強がはかどる復習方法

こんにちは(^^)

 

2016年もあと[  ]日ですね^^

 

 

 

さあ、その[  ]にサクッと、

数字を入れられるでしょうか?

 

これは、残りが何日か

意識していただいているわけですが、

 

何かの目標に向かう場合、

そういった期限を意識することが必要です。

 

 

 

今回のテーマでもある「予習」「復習」

これらも、

そういった期限をうまく使うのです^^

 

 

予習と復習

f:id:maruhijukujoho:20161012090409p:plain

言わずと知れた、

学習業界人気キーワードベスト10には入るであろう

この2つ。

 

予習は、これから習うことを先に勉強すること

復習は、一度習ったことをもう一度おさらいすること

 

こんな感じですね^^

 

 

 

これ、誰もが知っている単語です^^

 

そして、誰もが大切だ!

と、わかっている単語です。

 

しかし、

できている人はごくわずか・・・な単語

 

 

どちらが大切か

f:id:maruhijukujoho:20160903141513j:plain

中学、高校当時とよく思いました。

そして、

講師時代によく聞かれました。

 

 

 

結論、

どちらも大切です

 

 

 

・・・まあ、気持ちはわかります^^;

どちらも大切だ

と、わかっているからこその質問ですからね

 

 

 

そもそも、

なぜ予習復習が大切なんでしょうか。

 

それがわかれば、

どちらも大切なことがわかり、

どちらも自然にやり始めます

 

 

予習と復習の目的

f:id:maruhijukujoho:20161012090842p:plain

なぜ大切なのか。

 

受験という範囲での回答になりますが、

勉強ができるようになるから

なんですね。

 

 

 

「テストでいい点とりたい」

「成績上げて志望校に行きたい」

「褒められたい」

「できると嬉しい」

 

などといった目標に向けて頑張ります^^

 

 

予習はどうすればいいの?

f:id:maruhijukujoho:20161012091314p:plain

部活動や習い事、クラブチームにいる子は、

基本的に時間が足りません

 

ですが、時間は作れます^^

 

前回、

「時間がなくても成績を上げる方法」を書きました。

合わせてご覧いただくことをお勧めします

 ⇒前回の記事はコチラ

 

時間がないからこそ、

どうすればいいかを考えます^^

 

 

 

では、

具体的にどうすればいいのでしょうか。

※今から紹介する方法は短時間でできる方法です。

 


 

 

 

それは、

「明日の学校の内容をサッと見る」

です。

 

 

 

どういうことか。

 

 

 

一度思い出してみてください^^

 

テスト本番5分前

必死でテキスト、参考書、ノートを

見ていませんでしたか > <

 

漢字テスト、英単語テスト、

ギリギリまで見ていたから小テスト満点!

 

っといった経験もありませんでしたか^^

 

 

 

本当に直前に少し、たった数分見ただけで、

何もしない状況よりグッとできるようになります

 

 

 

いろんな想いがあるので、

今まで以上の何かがあったかもしれません。

 

しかし、

たった数分前でも、先に見て学習するだけで、

こんなに違います。

 

 

 

これと同じです^^

寝る前に明日やる教科の教科書サッと目を通す

 

そうですね~・・・

目安全科目で15分から20分でいいです。

※たくさん時間が作れる人はもっと使ってかまいません^^

 

 

 

ポイントは、

気になるところに、鉛筆でもシャープペンでもいいので

サクッと印をつけること。

 

そうすれば、次の日の授業は、

少なくても気になるその部分集中するはずです。

 

 

 

まずは”見る”ことです^^

 

情報は、「知る」ことから始まります。

「知った」情報を「できる」ようにする。

 

「知る」ための方法は、いろいろありますが、

”見る”のが一番手っ取り早いです^^

 

そのかわり、忘れるのも早いです。

 

だから、しっかりと定着させましょう。

そのための復習です^^

 

 

復習する時間はいつ?

f:id:maruhijukujoho:20161012101531p:plain

予習は、前日にサッと教科書を見ましょう。

塾の予習でも同じで、

テキストをサッと見てから受けると違ってきます^^

 

 

 

では、復習はどうするか。

これは、様々な方法があります。

 

読む、見る、書く、聞く・・・

 

しっかりと習ったことを定着させないといけません。

そのため、結構時間もかかるかもしれませんね^^

 

 

 

例えば、3科目復習するとします。

1科目につき、40分かけたら、

3科目で120分(2時間)ですね。

 

当然、120分も集中できないので、

途中で休憩をはさみます。

 

すると、結構時間を持っていかれますよね^^

 

 

 

そこから、塾の宿題、学校の宿題、明日の予習。

 

さあ、どうでしょう?

想像しただけでゾッとしませんか???

 

 

 

これらは、テスト勉強や受験勉強では

当たり前です。

 

だから、夜遅くまで眠たい目をこすって、

歯を食いしばって勉強しています^^;

f:id:maruhijukujoho:20161002204133p:plain

 

 

 

「ああ・・もっと時間があったら、復習できるのに」

 

 

 

はい(^^) 安心してください(*^_^*)

もう、大丈夫です。

 

時間はあります。

 

 

少なくとも、120分くらいなら余裕で作れます^^

余裕です(*^-^*)

 

 

 

復習とは、

一度習ったことをおさらいすることです。

 

ただおさらいする、だけではなく、

自分でできるようにします。

 

 

 

「時間がなくて復習できない」

 

これは、正しい表現ではありません。

 

 

正しくは、

学校から帰った後の時間がなくて・・・」

です。

 

 

 

「時間がない」と言う生徒は、

学校から帰ったあとの時間しか見ていません。

 

昼間の時間を見ていないのです^^

 

 

 

先ほど、

予習の仕方を教えました^^

 

一度自分で習ったものを、学校で受けます。

 

 

 

・・・気づきましたか^^?

 

学校で、

先に自分が習ったことをおさらいしていますね^^

 

1つの授業はだいたい40分~50分、

その時間を復習に使ってしまいましょう^^

 

しかも、

授業中に遊んでいるわけでも、

別のことをしているわけでも、

寝ているわけでも、

落書きしているわけでもありません^^

 

むしろ、他の誰よりも、

一生懸命先生の授業を聞いているはずです^^

 

先生の評価も急上昇でしょう^^

 

 

 

学校の授業中に、ある程度復習してしまえば、

家での時間が大幅に変わるはずです^^

 

それでもわからい問題は、

質問に行けばいいのです^^

 

 

復習の仕方

f:id:maruhijukujoho:20161012102914p:plain

復習する時間を確保したので、

今度は、その時間を使ってどう復習するか、です。

 

先ほど、

学校での授業時間を復習に使うと言いました。

 

ポイントは、

予習で気になるところをしっかりと聞く、

そしてすぐ演習する、です^^

 

科目別の具体的な方法は、

コメントなどでご要望があれば、

お伝えいたします^^

 

 

まとめ

いかがでしたか(^^)

予習は短時間で終わります^^

復習も時間の使い方次第です^^

 

 

 

ここで重要なことは、

 

こういったことを知ったときに、

まずは、実践してください^^

 

大丈夫です。

大体の人は、

 「そんなの無理だよ」

 「もう知ってるし」

 「できるわけないじゃん」

 

と、やる前から見切りをつけて

動くことすらしませんから^^

 

 

 

このブログでは、何度もお伝えしてますが、

自分で動かなければ何も起きません^^

 

そして、実に8割近くの人が、

こういったことを聞いても、

動こうとすらしないのです。

 

チャンスです^^

動いてみるだけで、その人達より進めますからね。

 

 

 

ここまでご覧いただきありがとうございます^^


塾教育 ブログランキングへ

 

 

 

広告を非表示にする