塾が勉強と将来についての架け橋となる、そんなブログ

塾選びで迷ったとき、数多くの塾の中から”これ!”と決められるようなきっかけになればいいかと思っています

【塾、家庭教師】夏以降に見る、入試についての考え方 その①【選び方】

こんにちは(^^)

 

前回、入試に対しての大切な考え方を書きました^^

 ⇒そのときの内容がこちら(^^)

 

まあ、当たり前のことですが^^;

こういったことをすんなりと聞かせて、

さっと生徒自身に行動させるのがベストです^^

 

そうすれば、こちらもそのことに

力を注げます(^^)

 

というか、余計なことに時間をかけなくても

良くなります^^;

 

 

 

今回は、続き、というより

もう少し突っ込んだ話です^^

 

これから塾や家庭教師を選ぶときに

もしかしたら参考になるポイントかもしれません^^

 

 

科目の把握

これは前回も書きましたが、

再度確認しましょう。

 

そして、

自分はどの科目が得点できるのか

それをもう一度把握することです。

 

 

 

受ける科目と、試験範囲と、得点できる科目

得点できない科目と、残りの期間と、自分の現在のレベルと、

あと何点必要かそこから何をどのくらいするのか・・・

 

何気なく「受験勉強」「テスト勉強」といっても

やること考えることは盛りだくさんです。

 

それにもかかわらず、時間には限りがあるので

しっかりと決めておかないと、時間切れ、となります。

f:id:maruhijukujoho:20160927104143p:plain

 

点数が取れる科目

これには、主に2つの意味があります。

 ・まだ、勉強すれば伸びる科目

 ・すでに95%くらい取れている科目

 

2つ目の”95%”というのはあくまで目安ですが、

これは、どんなに勉強しても

「あと5点しか伸びない」ということです。

どんなに頑張っても、5点しか増えません。

f:id:maruhijukujoho:20160927104444j:plain

 

 

勉強に限りを付けること自体が

学問に対して良くないかもしれません。

 

しかし、入試にはルールがあり

それに従うしかありません。

 

どんなに駄々をこねても、ルールは変わらず、

その中で合格条件を

満たしたら合格です。

満たさなかったら不合格です。

 

合格して、通うかどうかは別です(^^)

※滑り止めなど

 

 

 

まずは、点数を取りましょう。

取らないと話になりませんから^^;

 

そして、できない科目は、

いきなり取り掛かると気持ちが折れやすいので、

まずは、負担の少ない科目から取り掛かるのが

いいかと思います。

 

 

残り何日か把握する

この記事をご覧いただいている日から、

あと何日で試験本番でしょうか。

 

残りの日数は把握しましょう!

 

塾に行ったときに、

張り紙掲示板壁のお知らせ、など、

何かしら残りの期間を教えるものがあるはずです。

※無いところは見えるところに大きく作らせてください

 

 

 

あと1年で本番、と

あと半年で本番、と

あと3ヶ月で本番、と

あと1ヶ月で本番、と

あと1週間で本番、と

 

・・・くどいですね^^;

ですが、それぞれできることが全然違うので、

あと何日か、必ず確認してください。

f:id:maruhijukujoho:20160927105052j:plain 

 

気持ちを支える

残りの日数でできることを選び、いざ取り組んでも、

やはり勉強は途中で行き詰ったりして

手が進まなくなります。

 

やってもやっても思うように成績が伸びず

だんだん嫌気がさしてきます。

f:id:maruhijukujoho:20160927105427p:plain 

 

 

そんなときは、しっかりと大人が支えてあげましょう^^

 

かける言葉はなんでもいいと思います。

※常識範囲内でお願いします

言葉の種類ではなく、気持ちの方が大切だからです^^

 

気持ちがこもっていると、

何となく子供の頭に響きます。

そのときは、いろんな態度を取りますが、

なんだかんだ言って聴いてくれます”

 

気持ちがこもっていないと”聴きません

そして、これは1回言っただけでサクッと

「わかりました、(`・ω・´)キリ」

とも、なりません^^;

 

何度も何度も、その子のことを想い

どういうことをどういう場面で、どうやって言えば

どんなふうに伝わり、どうやって行動してくれるのか

 

本当に一番シンプルで、一番厄介なところです^^;

 

 

 

そうやって、子供を支えてあげるから

子供も信頼してくれます^^

f:id:maruhijukujoho:20160927105555p:plain

 

 

点数が取れない科目

先ほど、点数が取れる科目からする、と書きました。

これはストレスになりにくく、

取り掛かりやすいからですが、

 

取れない科目を勉強するのに

あまり抵抗がないなら、

こちらからやった方がいいです^^

 

点数が取れない科目をほったらかすのは

非常にもったいないからです(^^)

 

 

 

今、英語が20点/100点しか取れないなら、

これはあと80点伸びるということです。

 

しかも、模試でどこの単元が弱いか、

しっかりと分析して今後何を勉強すればいいか

教えてくれるので、

 

そこを重点的に塞げばいいわけです^^

f:id:maruhijukujoho:20160927110530p:plain

 

もちろん簡単な話ではありません。

しかし、塞ぐことができれば80点までもらえます。

 

「あと2点で〇〇点だったのに~~(>_<)」

と悔しがる生徒がいます。

 

2点取れれば最高!

という感じのリアクションですね^^

 

80点ももらえたらどうなるでしょう(^^)?

 

 

 

もったいない科目ではありますが、

やはり手ごわいです^^;

 

いきなり自分から取り組むことはあまりないので

しっかりと先生や親が支えるところです!

 

 

まとめ

タイトルに、夏以降、と書きました。

夏でなくても、いつでも構いませんが、

あまり残りの時間が少ないときに言っても

どうにもできない場合もあります。

 

ですが、この時期ならまだ何とかなるかもしれないので、

ぜひ皆さんでフォローをして、全員でいい結果を取りましょう^^

 

 

 

ここまでご覧いただきありがとうございます^^


塾教育 ブログランキングへ

 

 

 

 

広告を非表示にする