読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塾が勉強と将来についての架け橋となる、そんなブログ

塾選びで迷ったとき、数多くの塾の中から”これ!”と決められるようなきっかけになればいいかと思っています

子供が集中して勉強しないのには理由がある!!自宅と塾を使って解決する方法!!

こんにちは(^^)

 

子供のころ、勉強していて、よく

「集中力がないなぁ~・・・」

 

と言われました^^;

 

勉強以外でも、集中力があると

ものすごく効率が上がり

成果も出やすくなりますよね(*^-^*)

当然、勉強もそうです^^

 

この集中力について少し書きたいと思います(^^)

 

 

集中力とは

まあ、集中力とは何となくわかるかと思いますが

調べると、

「ひとところに注ぎ集める力のこと、注ぎ集まる力のこと」

とあります。

 

まあ、簡単に言うと、

遊ばないで勉強し続けること

としてもいいかと思います^^

 

机に向かって鉛筆を動かしている姿を見ると

「頑張ってるなぁ~」

 

と思ったりしますね(^^)

f:id:maruhijukujoho:20160923153147j:plain

 

やはり成績なのです。

子供に集中力がない、と思うと

 「集中力があればいいのかなぁ・・・」

 「どうすればつくのかなぁ・・・」

 「もしかしたら・・・」

 

といろいろ考えたりしますね^^;

 

そして、こういったことを言うときは必ず

『成績』

これが関係します。

f:id:maruhijukujoho:20160923153308j:plain

 

成績が良ければこういった悩みは出ません。

出ても、別の表現で出ます。

 

そのため、思っているより

「成績が低い、伸びない」

 

そういったときに出てきやすい悩みなのです。

 

では、なぜ成績が左右するのかというと

目で確認できるからなのです。

 

 

 

その子の行動を24時間365日

ずっと監視しているのは不可能です。

※いろんな意味でできません(>_<)

 

そのため、しっかりと成果がでているかを見るには

成績をつかって判断します。

 

 

 

これは、大人の世界でも同じことが言えます。

「僕は頑張っているんです!

寝る時間も削って会社のために動いているんです!」

 

もし、ある会社員Aさんがこう言っても、

その人が何も成果を上げていない場合

会社側としては、その人をクビにしないといけません。

抱えていても負担にしかならないからです。

 

厳しいようですが、これが現実です。

f:id:maruhijukujoho:20160923153407j:plain 

 

 

小中学生の勉強において「クビ」とまでは

ありませんが、似たようなことはあります。

 

例えば、成績別のクラスで、

トップクラスから、中間クラスになった。

 

これは、頑張って上がってきた生徒

下がってしまった生徒成果を反映させたものです。

 

塾側の趣味で選んだり、

くじ引きで抽選会をしてなったわけではありません。

しっかりとした結果に基づいています。

 

 

なぜ「成績」をみるのか

2の話が少し長くなりましたが、

小中学生の勉強内容は、基本的には

やればできるようになり、成績も伸びます

 

特に、公立高校入試までならそうです。

※難関と呼ばれる学校の問題だと少し異なるケースがあります

 

そのため「成績が伸びない ⇒ 勉強していない」

になってしまいます。

 

成績を使うのは、誰が見てもわかるからです(^^)

 

 

なかなか勉強が続かない

成績をあげればいいのですが、

そのために勉強をしても、なかなか続かないのが

悩みの種(;´・ω・)

f:id:maruhijukujoho:20160923153649j:plain

 

勉強が長続きせず、結局できず仕舞いになる。

そうなると、

「集中力がないなぁ・・・」

 

となるのです^^;

 

 

 

では、集中力が上がれば解決するのでしょうか。

 

 

集中力は上下する

中力は上がったり、下がったりします(*^_^*)

これは知ってますね。

 

というか、上下するから

「続かない」という悩みが出るんです(>_<)

f:id:maruhijukujoho:20160923161925j:plain

  

すぐに下がる集中力解決するために、

いろんな方法を試すこと聞きますが、

 

集中力は何も上げるだけがすべてではありません(^^)

 

 

まず下げない方法を考える

「集中力がなくなるのです」

 

もう一度言います^^

「集中力がなくなります

 

では次です。

「コップの水がなくなります」

 

これは、

「コップの水が減りました

と同じだと考えられます。

 

 

 

つまり、集中力はもともとある状態で、

そこから時間とともに減ってくる

と言えます(^^)

 

なので下げない工夫をしましょう(^^)

 

 

 

「集中力が下がる」の正体は、

ずばり『気が散る』です。

 

気が散るから集中できないケースがあります。

f:id:maruhijukujoho:20160923162335j:plain 

 

まとめ

さあ、ここまで書きましたが、

長くなってしまったので次回に続きを書きます(*^-^*)

 

今回の内容は、

 ・勉強しているかは成績が語る

 ・勉強しても続かない

 ・集中力は上下する

 

こんなところです(;・∀・)

上げるばかりではなく、下げない工夫も大切なのです。

 

それを書くので次回もお楽しみ(^^)/

 

 

 

今日もここまでご覧いただきありがとうございます♪


塾教育 ブログランキングへ

 

 

 

広告を非表示にする